2020-11

お葬式

【現役葬儀社社員がリアルに解説】故人に送るお供え物。供花か花輪か!疑問と質問、ベストな注文を解説します

親戚や同僚や同級生など、身近な方に不幸があった場合、お供え物を送りたい気持ちになります、お供え物の代表的なものが供花と花輪になります。「え、どっちを送ればいいの?」「注文方法は?」と思う方は必見!ベストな贈り物をチョイスします
お葬式

【現役葬儀社社員がリアルに解説】生花を送るとき「子供一同」「孫一同」の適切な注文方法

お葬式に参列すると、「子供一同」「孫一同」の名札を付けた生花やお供え物を見かけます。「もし、自分の両親が亡くなると私たちもあのように生花を準備するのか」と思う人も多いと思いますが、たまにトラブルになることも。適切な注文方法を教えます。
お葬式

お金がないから葬儀ができない。葬祭扶助制度を知っていますか?

「お葬式はお金がかかる」確かにお金がかかります。ではお金がない人はお葬式はできないのでしょうか。必ずしもそうではありません。葬祭扶助制度をご存知でしょうか。
お葬式

【現役葬儀社社員が解説】お葬式の費用を抑えたい?お金がない場合のお葬式対処法はコチラ

両親が亡くなった、兄弟が亡くなった、お葬式を執り行わないといけない立場となりましたが、困ったことにお金がない。そのような話は珍しくありません。そこでお金がない場合、お葬式はどうしたらいいか、現役の葬儀屋さんがアドバイスします
お葬式

お葬式の挨拶の実例集②肝っ玉母さん

実際に合ったお葬式の挨拶文です。早くに連れ合いを亡くし、女手一つ、子供を育て上げた故人。その母の気持ちや努力、子供に対する愛情の深さは、長男の挨拶でとてもよくわかりました。葬儀の挨拶に悩む方の力になれますか。
お葬式

お葬式の挨拶の実例集①頑固な父親編

頑固な父親が亡くなったときに、遺族が実際に挨拶した内容を紹介します。あなたの遺族代表挨拶のマニュアルになれたら光栄です。
お葬式

あなたも葬儀社で働いてみませんか?初めてお葬式に携わったときのお葬式【葬儀の小話】

私は元々は、花屋で働いていました。そこから何故か葬儀屋となりました。私が葬儀屋になった理由、そしてなぜこの仕事に魅了されたのか、この仕事で何かを成し遂げたいと思ったのかを記していきます。 私は元々、花屋で働いていました ...
お葬式

「知り合いが亡くなっていた」後で知った場合、気持ちをどのように伝えたらいいかアドバイスします

旅行に行っていた、故郷の知り合いや同級生が亡くなっていたと、後で知り合いが亡くなっていたことを知ったという話はよく聞きます。そのような時はどのように気持ちを伝えるべきか、現役葬儀屋さんがアドバイスします。
お葬式

何!骨壺にはサイズがある!?「じゃあ一番大きなの!はちょっと待った!

骨壷にサイズがあることはご存知でしょうか。「大は小を兼ねるからおっきなので」という選び方はいけません。骨壺の大きさを選ぶ訳があります。
お葬式

火葬後のお骨を引き取らなくてよい?最近の火葬場事情

火葬場で収骨することは当たり前でした。お葬式をして、火葬場に行き収骨をして骨壺を胸に抱き、家に帰ることは当たり前でしたが、時代と共にお葬式も変わります。お骨の引き取りと、引き取らないときの火葬場の都合も見ていきます
タイトルとURLをコピーしました