2021-01

お葬式

新型コロナウィルスで亡くなった人はお葬式ができないの?【現役葬儀社社員監修】

新型コロナウイルスで亡くなると火葬のみでお葬式はできないという理解が広まっています。しかし必ずしもそうではありません。新型コロナウイルスでも新型コロナウイルスの疑いがあってもお葬式は執り行いましょう
お葬式

新型コロナウィルスで本当に身近な方々で送る方法を解説します。

新型コロナウィルスが感染拡大している今だからこそ、ステイホームおお願いしたいところですが、お葬式でも身近な家族でなければステイホームをお願いしたいところです。会葬を断ることができるのでしょうか?会葬を断る方法を徹底解説します。
お葬式

コロナ禍のお葬式。どのように執り行うのが最適か?普通にお葬式をしたい場合

若い人や社会的地位が高い人が亡くなると弔問会葬者が増えます。お葬式の人数が増えます。そのようなときのコロナ禍の対応をまとめています。コロナ禍でもお葬式は立派にできますよ!
お葬式

コロナ禍のお葬式でさらに注目を集める一日葬。なぜコロナ過で注目されるのか?

コロナ禍の中、人が集まることを避ける動きが大きくなり、お葬式の形態も変わりつつあります。お葬式のやり方の一つに一日葬がありますが、コロナ禍によりにわかに注目を集め始めています。現役葬儀屋の私が、注目される理由を独自の目線で解説していきます。
お葬式

自分の、大切な方の最期はいつか来る。準備のため「エンディングノート」を書いておこう

人間誰でもいつかは最後の時が来ます。まだまだ元気な両親かもしれませんが、いつしか介護の時が訪れるはずでしょう。自分のことがわからなくなる前に、しっかりとエンディングノートを書いてもらってはいかがでしょうか。ここではエンディングノートについて詳しく解説していきます。
お葬式

病気を苦に。徐々に体が動かなくなる病に悩んだ結果

病気を苦に・・そのような決断を下す方は本当に多いです。私が担当したのではないのですが、火葬場で他の葬儀社の人と一緒になったとき、病気を苦に自殺した方の話を聞きました。この話を聞いた時、家族に何と声を掛けたらいいか、考えさせられました。
お葬式

散骨ってもしかすると、画期的な弔いの方法かもしれません。私が散骨を良いと思う理由

私はこれまで、「散骨って遺骨をただ海に撒くだけでしょ。海の近くに住んでいるならまだしも、山に住む人間からしたら手間がかかるだけでしょ。」と思っていたが、最近では散骨も注目されているらしいです。そこで、散骨に向いている人たちを調べてみました。当てはまるあなたは散骨を考えても良いかも知れません。
お葬式

お墓は決まった場所に!散骨はどこでもOKはなぜ?【現役葬儀屋社員】が徹底解説

最近、散骨に触れる記事が多くなりました。調べているとふと気づいたのが、「お墓は家に作ったらダメなのに、散骨は家にしても大丈夫なの?」という矛盾でした。(ここまでは誤解があるので最後まで読んでください)そのような矛盾を現役の葬儀屋さんが解説していきます。
お葬式

散骨は海だけではない。山に散骨する方法を【現役葬儀屋社員】が徹底解説

散骨と聞いて、すぐに思いつくのが海に散骨する方法ではないでしょうか。散骨の方法は海だけではありません、山にも散骨ができます。山に散骨する方法を伝授します。
タイトルとURLをコピーしました