新型コロナウィルスで亡くなった人はお葬式ができないの?【現役葬儀社社員監修】

お葬式

有ってはなりませんが、もし、家族が親戚が新型コロナウィルスで亡くなった場合、お葬式はどのような形になるのか?そして、お葬式を執り行うことはできないのか?現役葬儀屋さんが徹底解説

新型コロナウィルスで亡くなった場合、遺体と対面ができないのか

新型コロナウィルスで亡くなった方がいた場合、臨終から火葬までどのように進んでいくか、このことについては地域で差があるのではっきりとは言えませんが、「火葬終了まで会えない」と印象付けたのは次のことでした。

志村けんさん、新型コロナウィルスで死去

志村けんさんのこれまでの活躍を知らない人はいないでしょう。

昭和49年にドリフターズの付き人から正式メンバーとして加入してから、「8時だよ全員集合」「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」「天才志村どうぶつ園」など様々な冠番組を持っていた志村けんさんが亡くなったのは2020年3月29日のことでした。

誰もが知る有名人が新型コロナウィルスで亡くなったことは、衝撃を与えました。

さらに衝撃だったのが、志村けんさんが亡くなった後の対応でした。

志村けんさんのご遺体は、遺族と面会することなく病院から直接、火葬場へ向かい、火葬が済んだ後、遺骨が遺族に届けられたということでした。

このことにより、「新型コロナウィルスで亡くなった人は直葬なんだ」という認識が定着したと思います。

実際は、新型コロナウィルスで亡くなってもご遺体との別れはできる

新型コロナウィルスの感染源は主に「飛沫感染」と「接触感染」とされています。

まず、飛沫感染の観点から言うと、ご遺体からは咳やくしゃみなどの飛沫は考えられないので、飛沫感染の危険はありません。

気を付けるべきは「接触感染」のみとなります。
接触感染だけ気を付ければ、ご遺体とのお別れはできるということです。

細かいリスクを避けるために、お別れの定番である、最後に柩の蓋を開けてお花を入れる行為は難しいと思いますが、柩の蓋がしまった状態で顔を見ることに危険は伴いません。

しかし、それでもお葬式を行うには、高いハードルが待っています。

まず、コロナウィルスで亡くなるとどのようにご遺体が帰ってくるか見ていきます。

新型コロナウィルスで亡くなったご遺体はどう帰ってくる

これから説明することは地域によって多少の違いがあるので、参考までにお読みください。

新型コロナウィルスで亡くなるとご遺体は「非透過性納体袋」に入れられて帰ってきます。
この理由には、厚生労働省・経済産業省が発行したガイドラインに
「適切に感染対策を行い、安全に遺体を搬送できるように、遺体等を取り扱う事業者の指示に従ってください。」と書かれていて、それが以上のようなご遺体の取り扱いとなります。

さらに、「非透過性納体袋」に入って帰ってきたご遺体を扱う葬儀社には次のような注意喚起がされています。

遺体等を取り扱う事業者の方へ

・遺族等の方に対して、通夜、葬儀を執り行う場合や火葬に当たり、次の説明をします。

✔必要に応じ体温を測定し、体調不良な方は会葬を控えること

✔マスクを着用し、人との距離、(可能な限り2m)を意識すること等の一般的な感染対策が求められること

✔会場のスペースによっては、人数に制限を設けること

✔非透過納体袋を開封しないこと

✔施設内では、係員の指示に従うこと

新型コロナウィルス感染症により亡くなられた方及びその疑いがある方の処置、搬送、葬儀、火葬等に関するガイドライン

非透過性納体袋を開封することはできませんが、それ以外の注意喚起は今でも徹底されていることなので、新型コロナウィルスで亡くなってもお葬式はできるはずなのですが、次のようなことがネックとなり、新型コロナウィルスで亡くなった方は普通にお葬式ができない傾向にあります。

なぜ、新型コロナウィルスで亡くなると普通にお葬式ができないのか

葬儀社が警戒。新型コロナウィルスで亡くなった遺体は搬送しない

私が勤める葬儀社でも、新型コロナウィルスで亡くなった方の搬送は引き受けないことが決定いたしました。

理由は「従業員の命が第一」ということからです。

「新型コロナウィルスで亡くなった人がいる」この報道は、葬儀社に衝撃を与えたと思います。
このことで私が勤める葬儀社で話し合いがあり、新型コロナウィルスで亡くなった方の搬送はどうするかとの答えに、従業員は「搬送しない」で全員一致しました。

誰もが、新型コロナウィルスに恐怖を感じていますので、それを仕事とは言えど従業員に強制することはできないと会社は判断しました。

24時間内の火葬ができて、火葬することが一番安心できる

本来、火葬は24時間以内に行うことはできません。

しかし、新型コロナウィルスは、24時間以内に火葬しなければいけないと定められておらず、24時間以内に火葬することができます。

普通にお通夜、葬儀と執り行っていいというものの、ご遺体があるうちは感染リスクを否定することはできません。

さらに、私の地域に近い火葬場へ問い合わせると、新型コロナウィルスで亡くなった方の火葬は、遺族は火葬場内に入ることはできず、外で待機してもらい、収骨も遠慮いただくとなっています。

火葬も、一般の方々が火葬が済み、収骨を終えて、帰宅した後に火葬するとのことでした。
火葬場でもこのような対応なので、世間の新型コロナウィルスに対する危機感は拭うことはできません。

搬送を委託した業者は、やはりすぐの火葬をおすすめします。

葬儀社も風評被害が怖い

「あそこの葬儀社は新型コロナウィルスの遺体を搬送したらしいよ」
「あそこの葬儀社は新型コロナウィルスで亡くなった遺体のお葬式を執り行ったらしいよ」

風評被害は怖いものです。
このことにより、どれくらいの葬儀件数の減少があるのか想像もできません。

葬儀のプロとしては、新型コロナウィルスで亡くなったかたの葬儀を執り行ったことは称賛されるべき!と思っているのですが。

新型コロナウィルスのお葬式は難しい

私の見解は「新型コロナウィルスで亡くなった方のお葬式を執り行うことは難しい」です。

新型コロナウィルスのワクチン供給の報道が出ていても、現実味を感じることはありません。

さらに、新型コロナウィルスの差別的な扱いも報道され、風評被害も大きいです。

まだまだリスクしかないので私の見解は以上の結果となります。

もし、新型コロナウィルスの可能性があるなら、早く葬儀社に話を聞いておきましょう

新型コロナウィルスで亡くなるという最悪な事態は避けたいものですが、入院施設もひっ迫する中、新型コロナウィルスに感染すると最悪の事態を想定しなければなりません。

今ではネットで葬儀社を検索し、無料で資料をそろえることができる時代です。
せめて、葬儀社の検索だけでもしてみませんか。

株式会社鎌倉新書が案内する「葬儀手引き」「いい葬儀」

1984年に創業した仏壇・仏具を紹介する出版社として始まった会社ですが、2000年からネットビジネスに進出。2015年からは東京証券取引所マザーズ市場に上場し現在ではマザーズ1部に上場している会社です。
「いい葬儀」「いいお墓」「いい仏壇」の3つのポータルサイトを運営しています。





テレビCMでもおなじみ「よりそうお葬式」

2009年から葬儀に関する情報サイト「葬儀レビ」を開設し、2013年には「お坊さん便」という僧侶を全国に手配するサービスも展開しています。
現在では、終活から葬儀・相続まであらゆるサービスを展開する「よりそう」ブランドがスタートし、葬儀のことならなんでもお任せ出来る会社です。



「よりそうお葬式」について詳しくまとめてみました。

終活を学んで、誰かの人生を終焉を応援しませんか!

一般社団法人終活協議会が提供する「終活ガイド上級口座」

2015年から「相談者ファースト」も一番に掲げ活動している団体です。
終活ガイドの目的は、終活に関する正しい知識を身につけ、セミナー講師として終活に関する知識を伝えたり、相談対応ができる人事育成を目指しています。
終活を学び誰かの力になりませんか?



コメント

タイトルとURLをコピーしました