一日葬ってどんなお葬式?コロナ過で注目されるわけ?【現役葬儀屋社員】が解説

お葬式

お葬式のやり方で、にわかに注目を集めているのが一日葬です。聞いたことがない方も多いと思いますが、コロナ禍でにわかに注目を集めてきました。一日葬とはどんな葬儀なのか?なぜコロナ過で注目を集めるのか解説していきます。

一日葬とは

お葬式の一般的な日程は、臨終からお通夜、そしてお葬式、また臨終の時間帯によっては仮通夜の時間を設ける場合もあります。

一日葬は、臨終から次はお葬式という途中の流れを省略したお葬式の流れになります。

一日葬が注目された訳

お葬式は、本当に忙しいものです。

これは経験した人にしかわからないと思いますが、経験した人ならば

お葬式経験者
お葬式経験者

なに!お葬式が一日で済むの!?
それは、楽でいいね!

お葬式を執り行う遺族の簡単な流れは、危篤または臨終を知り病院に駆けつけ、事が起ったら葬儀社を選定し遺体搬送を依頼。
自宅または斎場に到着し、葬儀社と打ち合わせが終われば、各方面に連絡、仕事の休みの引継ぎ、自分の喪服、親戚知り合いからの電話は鳴り続ける。

お葬式の準備はしないといけないのにそれ以外の用事も沢山あります。

しかし、一日葬なら、その様々な忙しさが1日で終わるという画期的なシステムで、注目を集めました。

詳しくはまた別記事で解説していきます。

普通葬、家族葬よりも費用が安い

家族葬が安いということは定着している感じがありますが、それよりも一日葬の方が家族葬より安く済ませることができます。

安くなる理由は別記事で解説していきます。

なぜ、コロナ禍で一日葬が注目されるのか?【本題】

一日葬は、お通夜を行いません。

こちらは、地域に関係なくほとんどの場合がお通夜が、親戚、会葬者の数が多く、葬儀は親戚のみ、親戚でもさらに身近な方の出席が多くなっています。

私が勤める葬儀社でも、コロナ禍になった場合、お通夜の日に密になりやすい環境が整ってしまうことを懸念しました。

お通夜でも、読経が上がる通夜式でも密になる可能性がありますし、式場内の椅子の間隔を開けてソーシャルディスタンスを保とうとしても、次から次に来る弔問客を止めることができない上に、そのまま斎場内で待機するため、式場内、ロビーでも密の環境が整ってしまいます。

通夜式が終了し、地域によっては通夜振舞いが行われます。
通夜振舞いがなくとも、お茶を飲んだり親戚に食事を勧めたりと、新型コロナウィルス感染拡大の要素がびっしりと揃っています。

お通夜を行わなければ、新型コロナウィルス感染拡大の要素が取り除かれるため、コロナ過で注目される要素の一つとなりました。

上記注意事項【補足】

上記注意事項として補足したいのですが、お通夜にこれなかったから葬儀に行くとなってしまった場合、葬儀が密になってしまうので、結果、一緒ではないかという考え方もあります。

特にお別れの時には棺の周りが高密になりがちなので、わずかな時間としても感染のリスクは避けられません。

人並みの寿命で亡くなられた方の葬儀では、身近な親戚以外で、わざわざ仕事を休んで出席する会葬者は少ないですが、若くで亡くなった方、社会的地位がある、もしくはあった方の葬儀では、一日葬であっても気を付けなければならない場合があります。

まとめ

一日葬はコロナ禍の感染拡大を防ぐ効果はあると思います。

しかし、一日葬でも、葬儀社によってやり方や価格の設定が大きく違い「コレ」という一日葬の進め方も決まりがないので、お葬式が執り行われるであろう地域の葬儀社に直接問い合わせることをオススメします。

今では全国の葬儀社を検索できるサイトがあります

お葬式は、出席することはありますが、喪主になったり遺族になる経験はそう多くはありません。

地域性や風習もあるのであなたのいる地域で知識を高めてもお葬式を行う場所が変われば意味がない場合もあります。

今では、ネットで資料を取り寄せることもできるので(無料)、一度検索して資料を取り寄せてみませんか?

株式会社鎌倉新書が案内する「葬儀手引き」「いい葬儀」

1984年に創業した仏壇・仏具を紹介する出版社として始まった会社ですが、2000年からネットビジネスに進出。2015年からは東京証券取引所マザーズ市場に上場し現在ではマザーズ1部に上場している会社です。
「いい葬儀」「いいお墓」「いい仏壇」の3つのポータルサイトを運営しています。

「いい葬儀」に関して詳しく解説しています。気になる方はコチラ

テレビCMでもおなじみ「よりそうお葬式」

2009年から葬儀に関する情報サイト「葬儀レビ」を開設し、2013年には「お坊さん便」という僧侶を全国に手配するサービスも展開しています。
現在では、終活から葬儀・相続まであらゆるサービスを展開する「よりそう」ブランドがスタートし、葬儀のことならなんでもお任せ出来る会社です。

「よりそうお葬式」について詳しくまとめてみました。詳しくは↓↓

終活を学んで、誰かの人生を終焉を応援しませんか!

一般社団法人終活協議会が提供する「終活ガイド上級口座」

2015年から「相談者ファースト」も一番に掲げ活動している団体です。
終活ガイドの目的は、終活に関する正しい知識を身につけ、セミナー講師として終活に関する知識を伝えたり、相談対応ができる人事育成を目指しています。
終活を学び誰かの力になりませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました