薪ストーブを着火するとき何で点けてますか?私はこれを試しました

最近のオススメ

薪ストーブを着火するとき、もちろん着火剤などを使い、細い薪などを使い、小さな火から火起こしをしていると思います。私も最初はそうしていましたが、最近ではズボラ?になり、こんな方法で火を点けています。

薪ストーブに火を入れることは、薪ストーブに命を吹き込むこと

薪ストーブは、見た目のカッコよさもありますが、火が点かなければただの鉄の箱です。
火か点いてから初めてその役目を迎えます。

薪ストーブに命を吹き込むために、細薪や自然から拾ってきた枝などを使い、火が点いたら少しずつ太い薪をくべて、火を育てていきます。

INSPIRE君
INSPIRE君

火は育てるものだz
火が育っていくと我が子のようだよ

薪ストーブを買ったころ、本気でこんなことを思った時期もありました。

しかし、細い薪を集めるのは、大変で、そして細い薪を作るのもこれも大変で。

今では

INSPIRE君
INSPIRE君

細薪作るの大変!
細い枝を集めるのも大変!

今では、「太い薪にいかに早く火を点けられるか!」「どれだけ早くストーブを暖められるか!」を考えています。

で、実際に使ったのが、以下の商品です。

トーチバーナー


料理の仕込みで使用したり、など様々な場所で見かけるトーチバーナーです。

真っ先に思いついてのがこの商品でした。

INSPIRE君
INSPIRE君

これであぶっとけば薪に火が点くはず

しかし、扉を開けっぱなしで、バーナーを薪の近くまでもっていかないといけないので、薪が火の粉を激しく「バチッ!」とはじくものだから熱いやら床が焦げるやらで、私の家では不向きでした。

草焼きバーナー(大口)


ならば、口が長くて薪ストーブの中まで突っ込むことができるコチラを試してみました。
調子が良く、使った後は薪ストーブの下に収納しておけば目立たないと使い心地は良好でしたが・・

少し角度が悪いのと、口が太く、火の粉が少し飛び出してくるところが我が家には合わず、こちらもボツとなりました。

ハンドトーチバーナー(プロパンバーナー)


私には正式な名称がわかりませんでしたが、amazonや楽天の商品名には「ハンドトーチバーナー」「プロパンバーナー」と書いてあったのでこの名前で呼びます。

工事現場などで、アスファルトを温めたりするところを見ることがあると思います。

これは、一発でどのような薪にでも火をつけることができました。

あっという間に薪を最大出力まで燃やすことができて、薪ストーブも部屋もすぐ暖めることができました。

さらに、薪ストーブの中に火口を突っ込み扉を閉じて使えるので火の粉が飛び出す心配も軽減されました。

ただ、ボンベが重いし、使った後の火口も熱いのでカーテンが溶けました(泣)

部屋の景観にもそぐわなかったので、これもボツとなりました。

新富士バーナー kusayaki CB ちょろ焼きくん


類似商品は沢山ありますが、我が家で使っているのはこの「ちょろ焼きくん」です。

火口からガス本体までの形状も適度に細く火口もすっぽりと薪ストーブの中に入り、狙ったところに炎を発射することができます。

火力は「少し弱いかな?」という感じですが、火が点かないことはありません。

ちょろ焼きくんもカセットボンベもお値段は手頃なのでおススメです。

SF 楽々草焼


こちらは類似商品になりますが、ちょろ焼きくんと違うのは、火口に傘がありません。
ちょろ焼きくんより、ピンポイントで火を点けたいところを狙えると思います。

まとめ

「火は育てるものだ」と言っていた私ですが、今では「いかに太い薪に火を早く点けるか」と考えています。

もしかすると、薪ストーブファンの皆様には、「何言ってんだか(怒)」「ニセ薪ストーバーめぇ(怒)」と思われているかもしれません。

しかし、時間がなく「早く薪ストーブを点けたい!」と思ったことはありませんか。

そんな薪ストーバーは一度お試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました