私がAccessで会社の見積もりを、請求書を作っているのでAccessを紹介します

マイクロソフトAccess

Accessをというソフトをご存じでしょうか。

AccessはMicrosoft社が提供しているデータベース管理ソフトです。

私はこのAccessで見積もりをと請求書を作っています。

Accessで何かを作りたいあなたのために、自分がどうやって作ったかを紹介します。

Accessで見積書と請求書を作ろうと思った理由

私が入社したとき、見積書も請求書も手書きでした。

手書きだと、時間もかかりますし、途中で間違うとまた一から書き直さなければなりません。

また、過去のお葬式の見積書・請求書を探すときにも書庫に行き、その中から探さないといけないので大変でした。

そこで、見積書と請求書をパソコンで作ろうと思い立ちました。

当時、ExcelとWordしか使えなかった私でしたが、別の会社の人から

別の会社の人
別の会社の人

Accessならできると思うよ!

教えてもらって、独学でAccessを学びまずは請求書から作りました。

Accessとは

AccessとはMicrosoft社から提供されているデータベース管理ソフトです。

Accessのいいところは、大量のデータを蓄積し、そのデータを計算したり削除したり、蓄積されたデータにさらに追加できます。

さらに蓄積・計算されたデータの中から、必要なデータを取り出すこともできます。

課題にしていた、過去の見積書・請求書の検索も、パソコンから名前を入力するだけで検索できるわが社にとって画期的な請求書ができます。

Excelでもいいんじゃないですか

Excelはそこそこ使えてはいました。

Excelの関数も、専門学校時代にある程度、勉強をしていて、葬儀屋になった後もExcelで書類や印刷物を作り、マクロも使えるようになりました(VBAは使えません。チンプンカンプンです)

ただ、Excelでは上書きして使う可能性が高かったのです。

一時期、Excelで請求書の原本を作り、Excelで請求書を作成していたのですが、上書き保存が多く、前に作成した情報が残っていて、請求書を持って行った後に

お客様
お客様

請求書の住所が違うんだけど!

なんて、怒られることが多々ありました。

そこで、一念発起!請求書を作ることに決めたのです。

さあ!Accessにアタックだ!

私のパソコンにはAccessはありませんので、電気店に行き

担当INSPIRE君
担当INSPIRE君

Microsoft社のAccessを探しているのですが、ありますか?

と尋ねると店員さんが

某電気店店員
某電気店店員

Accessですか!

ありますよー!

と案内してくれました。続けて店員さんが・・いや某K電機の店員が続けざまにこのようなことを言ってきました。

某K電機店員
某K電機店員

Accessは素人には使えませんよ。

お金がもったいなくないっすか(笑)

ここからは心の声と、俺の中のタケノコ君と相談します。

担当INSPIRE君
担当INSPIRE君

コノヤロー

客をバカにしやがって!

たけのこくん!

俺、買っちゃうよ!

STIMULATE君
STIMULATE君

ここまで馬鹿にされちゃー男が廃るってもんだい!

買っちゃいな!

この店員にリベンジを誓い、Accessを購入しました。

ちなみにこの店員にはしっかりとリベンジしましたが、これは後程記していきます。

Access購入!早速手なずけてやります!

Accessを購入し、家のパソコンへインストールします。

インストール完了後、Accessを開きます。

続いて、テーブル・クエリ・フォーム・レポートそしてマクロが現れました。

担当INSPIRE君
担当INSPIRE君

やべー

まったくわかんね・・

テーブル・クエリ・フォーム・レポートってなに?

たけのこくん、知ってるかい?

STIMULATE君
STIMULATE君

俺も知らんよ。

Access使いこなせるのかい?

私にはわかります。

Accessを知らない人はまずこうなります。

これを読めば全部わかる!・・わけではないがある程度分かると思います。

Accessとの戦いは次章へ

これまでパソコンの作業は息詰まることなく進めてくることができました。

初めての壁、Accessは一筋縄ではいきませんでした。

このまま引き下がるわけにはいきません。

次章では、Accessとの戦いを記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました