自殺

お葬式

病気を苦に。徐々に体が動かなくなる病に悩んだ結果

病気を苦に・・そのような決断を下す方は本当に多いです。私が担当したのではないのですが、火葬場で他の葬儀社の人と一緒になったとき、病気を苦に自殺した方の話を聞きました。この話を聞いた時、家族に何と声を掛けたらいいか、考えさせられました。
お葬式

新型コロナウイルスの影響で増える自殺者。【現役葬儀社社員】だから実感する、不景気と自殺者の関係

不景気になってくると犯罪も増えてきますが、自殺者も増えてきます。人生の最後を自分で決めることを否定しませんが、大切な方の人生を変えてしまう可能性があります。
お葬式

私は「自殺」という決断をいけないことと思っていません。しかし・・

自殺をした家族がいる場合、その家族はどこか負い目を感じることが多いようです。ご近所から「〇〇さんところのご家族は自殺したみたい」「あそこの家庭は自殺者がいるから」など、好奇な眼差しを向けられることが多いと感じています。私は自殺はダメとは思っていませんが、しかし・・
お葬式

なぜ荒れ狂う川へと投身自殺したのか【葬儀の小話】

少し前に、ブログに掲載した話の続きです。その青年は何を思って荒れ狂う川へ投身自殺したのか。誰にもわからないまま、遺体も発見されていません。
お葬式

自殺もしくは何かしらの理由で遺体が発見されないとどうなるのか

自殺をして、ご遺体が見つかることがほとんどですが、もしご遺体が発見されなかったらどうなるのか。そして、もし何かしらの理由で亡くなってそのままご遺体が見つからなかったらどうなるのか説明します。
お葬式

「自殺後時間が経ってから発見された場合」のお葬式(遺体損傷有り)

家族など、身近な方が自殺するとその悲しみは計り知れません。その大きな悲しみだけでなく、遺族には葬儀以外に様々な段取りが待っています。ここでは時間が経ってから発見されたため遺体に損傷がある場合を見ていきます。
お葬式

自殺した場合、お葬式はご遺体の状況で異なる「自殺後すぐに発見された場合」(遺体損壊無し)

家族が身近な方が自ら命を絶った場合、家族や身近の方の悲しみは計り知れません。しかし、自殺の場合、現実問題が遺族を身近な方をただ悲しい気持ちにさせるだけでなく、様々な手続きと段取りが待っています。自殺後、すぐに発見された場合を見ていきます。(飛び降り等の遺体の損壊なしの場合)
タイトルとURLをコピーしました